結婚を決めたら婚約指輪と結婚指輪を用意しましょう

結婚指輪ガイド

多彩なデザイン

新郎新婦

結婚を決めたら、婚約指輪と結婚指輪の二種類の指輪が必要です。
婚約指輪は多くの場合、プロポーズの際に男性から女性へ送られます。
結婚指輪は夫婦としての儀式として、結婚式でお互いの薬指に装着するものです。
女性は、婚約指輪と結婚指輪の2つの指輪と指に通すことになります。
男性は、結婚指輪をひとつ指に装着します。

一口に指輪と言っても実に様々なデザインがあります。
V字のリングは、Vの字の中央にダイヤモンドを埋め込んだデザインです。
ストレートは、アームが真っ直ぐでシンプルなデザインです。
S字ウェーブのデザインもあります。このデザインは、名前が示しているようにアームがS字の形状をしており、Sの中央部分にダイヤモンドが埋め込まれたデザインです。
エタニティというデザインもあります。英語で永遠を意味するこのデザインでは、リング全集に小さなダイヤが埋め込まれています。
リングの周り全てにダイヤを埋め込むことで、永遠を意味するデザインになっています。

指輪はデザインだけでなく、セッティング方法も多彩です。
ソリティアは立て爪とも呼ばれていて、ダイヤモンドを留める爪が施されたセッティング方法です。
パヴェというセッティング方法は、リングのアーム全体を小さなダイヤモンドで埋め尽くすものです。
パヴェとはフランス語で敷石を意味していて、ダイヤモンドが敷石のようにデザインされることからそう呼ばれています。
その他には、ベゼル留めやテンションセッティング、彫り留めや伏せ込みなどといったセッティング方法があります。

選択

男性が一人で婚約指輪を選ぶのは困難なもの。そうした場合は、プロポーズを先に済ませて、OKをもらえた時に女性と一緒に買いに行く方法を取る人もいます。女性も自分の好きなデザインが選べるので喜びます。

詳細を読む

記念

結婚式で定番となってきたプロフィールビデオは、新郎新婦の生い立ちが分かり来賓者も喜ばれる出し物です。制作の際には、二人の記念の曲を付けることもできるので、より思い出に残るビデオを作ることができます。

詳細を読む

人数

結婚式を決めたら、新郎側と新婦側で招待客を決めて、招待状を作成しなければなりません。お互いの親族の割合や会社の同僚の人数、友人の人数など調整を取りながら進めましょう。

詳細を読む

オススメリンク

婚約指輪の相場をチェックするならこちらのサイト|Ring Link Ring

↑ PAGE TOP