先物取引や他取引と比較解説するサイト

先物取引の概要

この項では「先物取引」について解説します。
まず「先物取引」の概要を説明すると、「前もって決めた未来の日付までに」「特定の商品(資産)を」「現時点で取り決めた価格売買することを先に約束しておく」という取引となります。
株取引と、先物取引について比較してみましょう。
株取引は企業が倒産しない限り取引を継続できますが、先物取引は先に決めた期限で自動的に決済がされること、先物取引の特性上「相場が下落すると予想して売りから始める」こともできるということ、「取引を決めた時点での先物価格と決済時点での先物価格の差額が決済される」ということ、取引には前もって証拠金が必要となること、などなど、こういった部分が主な違いです。

先物取引の注意点などは

まず最初に挙げられる注意点ですが「先物」として、未来における価格を予想して売買するものなので、用意した証拠金や元本が保証されるわけではなく、むしろ損をするという可能性も十分あるということです。
また、ほとんどの場合は証拠金以上の取引ができる「レバレッジ」という掛け率が用意されていますが、不用意なレバレッジ率で損失をした場合に巨額の損失になり得ること、手数料が発生するといったことです。
また、先物取引はハイリスクハイリターンであるために、業者が勝手にお客さんの元本で取引をすることは法律で禁じられていますが、その分、取引で発生した損失はすべてお客さん本人が背負うという点も注意が必要です。
このように、気軽に始められるというわけではない部分があります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る