FXとはどのように異なるのかなどを解説

FXの概要説明

FXをもし「一行で説明しなさい」と言われたら、それは「他国の通貨を売買して、その差額で利益を得る取引」と表現することができるでしょう。
正確には「外国為替証拠金取引」という名前なのですが、もう少し詳しく説明すると「1ドル120円のとき、日本円をドルに替えておく。そして1ドル122円のとき、替えていたドルを日本円に戻せば、日本円で2円分得をしたことになる」ということを目指し続けていく取引となっています。
証拠金と口座が必要なこと、また、「レバレッジ」が鍵を握っていることは先物取引と変わりませんが、少ない元手で始められること、初心者へのサービスが充実している取引であることから、日本で人気の取引となっています。

FXと先物取引の違いなど

では「FX」と「先物取引」にはどのような違いが存在するのでしょうか?
「先物取引」の場合、基本的には「会社の株」を買うわけではないので、その企業が倒産したことで損失を被るということはないという強みがありますが、先物取引は「未来への予測」が非常に重要とされるので、初心者が始めるには少々難しい部分があることは否めません。
「FX」の場合、先の項で少し触れたように、確かに証拠金と口座が必要ですが、少ない元手(最少なら数千円程度)からでもスタートできること、また、FXを始めるために必要な知識や技術をサポートする口座が充実していることが、大きな違いと言えるでしょう。
このように、もしも始めるとするなら初心者であれば「FX」ですが、FXで得た知識は先物取引でも活かすことができます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る